ホーム  >  AGAってなに?よく分かるAGA  >  若ハゲってなに?若ハゲの原因をご紹介

よく分かるAGA

若ハゲってなに?若ハゲの原因をご紹介

最近、ストレスや食生活などで20代の方でも髪が薄くなってきている、抜け毛が増えたと感じる方も多いらしいですが、そのまま放置するケースも多いようです。
もちろん、ストレスや季節などの関係でおこる一時的な症状かもしれませんが、実はその多くは特に若ハゲの場合は「AGA」だと言われています。

  • 若ハゲって何?

    若ハゲ(若年性脱毛症)とはAGA(男性型脱毛症)が20代や30代、もっと早ければ10代から現れることを言います。AGAの薄毛・抜け毛の症状は30~50代の成人男性から現れるものという印象でしたが、最近では若い世代にも薄毛・抜け毛になる人が増加しているのが現状です。

    若ハゲって何?(イメージ)

  • 若ハゲの原因

    AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、日本語では「男性型脱毛症」という意味。AGAは日本全国で約1,260万人いると言われており、薄毛や抜け毛で悩む30~50代の男性のほとんどがAGAであると言われています。また、最近増えている20~30代の薄毛や抜け毛も若ハゲと言われ、AGA症状の場合が多いらしいです。

    ストレス
    過度なストレスは万病の原因と言われていますが、ストレスは若ハゲにも悪い影響を与えます。頭皮や毛根には毛細血管があり、血管に流れる血液によって栄養分が毛髪へ運ばれます。しかし、過度なストレスは、毛細血管を収縮してしまい、毛髪へ十分な栄養分が届かなくなってしまうのです。
    偏った食生活
    偏った食生活を続けると体の健康状態や男性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。男性ホルモンのバランスが崩れると頭髪の成長の妨げにつながり、薄毛・抜け毛が早く進行してしまいます。
    睡眠不足
    髪の毛は、寝ているときに育っていると言われています。
    起きている間には、栄養が脳や体を動かすために使われ、髪の毛には十分な栄養が回って来ないのです。
    整髪料の使用
    オシャレが好きな若い世代にはヘアーセッティングは欠かせないものです。 しかし、オシャレのときに使われている整髪料が原因にもなります。 整髪料の使用そのものは問題がないかもしれませんが、整髪料をきれいに洗わないことで、汚れがずっと髪の毛や頭皮に残ったままになり、若ハゲを招くのです。

    その他にも喫煙や飲酒、運動不足などがあります。まず、治療の前に自分の若ハゲの原因を見極めておいたほうがいいかもしれません。

  • 年齢別のハゲの特徴

    20〜30代
    20代~30代の「若年性脱毛症」は、遺伝の影響でも大きいですが、ストレスと食生活、生活習慣も欠かせない若ハゲの原因です。社会人になって強いストレスを感じるようになって、飲酒や喫煙など..それによる生活習慣の乱れが大きく影響されていると思われています。しかし、若いうちは新陳代謝が活発なので、治療を早く始めれば、抜け毛を食い止めることも可能です。
    40代
    40代から目立って薄毛になる症状は、「壮年性脱毛症」と呼ばれています。これは典型的なハゲ方で、M字型またはO型の薄毛が徐々に進行していくものです。進行そのものは20~30代の頃に始まっているのですが、40代になってから一気に目立つようになるのです。若い頃に比べて新陳代謝が低下しているのですが、改善はできると言われています。
    50代
    60代以降からの薄毛や抜け毛は男性ホルモンの影響というよりも、老化現象によるものです。頭髪はもちろん、体毛そのものをつくりだす機能が衰え、全身の毛が薄くなっていきます。今のところ有効な治療法は存在しないため、進行を遅らせるために頭皮にやさしいシャンプーを使うことや、食生活に気をつけるなど、地道なケアが大切になってきます。

時の流れに身を任せ、AGAとは知らず薄毛や抜け毛を放置していた方もAGAについて少しはお分かりになったでしょうか。何よりAGAは治療ができるもの!それも早めの治療が、効果が高いっていうことがポイントです。一人で色々な情報を元にケアを行ってもいいですが、副作用は誰も責任を取ってくれません。確実に脱毛症の種類を見極め、正しく治療するためにはクリニックでカウンセリングを受けてみることをおススメします。

若ハゲ治療に強い大阪のクリニックはココ!!

Page Top