ホーム  >  AGAってなに?よく分かるAGA  >   AGA治療方法別、大阪病院紹介とその効果

よく分かるAGA

AGA治療方法別、大阪病院紹介とその効果

AGAは発症してから薄毛や抜け毛が進行するパターンに特徴があります。
頭頂部から薄くなるケースや前頭部の生え際から後退していくケースなどこれらを混合したケースなど個人差により進行のパターンは変わります。 AGAの詳しい症状と自分はどの程度進行しているのか、そしてこれからどう進行していくかを知っておきましょう。

  • AGAの治療方法

    AGAは、一度ハゲてしまったらなかなか治らないと思われがちですが、適切な治療を受ければ必ず症状は改善します。
    では、どのような治療方法があるのでしょうか。

    AGA治療
    自分自身の髪の毛を生やす

    通常AGA治療と言われる治療方法は、病院で処方される「フィナステリド」と「ミノキシジル」いう治療薬のことです。
    「フィナステリド」は‘プロペシア’‘フィンペシア’という商品名で発売されている男性ホルモン【ジヒドロテストステロン(DHT)】の生成を抑制する働きをもつ薬です。
    その中でも有名なのが、‘プロペシア’。プロペシアは世界的に有名なAGA治療薬で、日本の厚生労働省にも承認されています。プロペシアの効果が現れるまでの期間は、人によって差はあるが、3ヶ月~6ヶ月と言われ、これ以上かかる人もいるそうです。
    また、頭頂部から薄くなっていく方には「ミノキシジル」が適していると言われています。
    頭頂部からハゲる原因の多くは血行不良だと言われていますが、ミノキシジルは毛細血管の拡張を促し血行を活発にするため、増毛効果を期待できるようです。「ミノキシジル」は、頭皮に直接塗布するタイプの外用薬と服用する内服タイプがあります。ミノキシジルの効果が現れるまでの期間は、早ければ3ヶ月程度、通常なら数ヶ月程度の期間となるようです。
    AGA治療の場合、専門のクリニックで治療ができるので、自分に合った発毛対策ができ、費用も高くないのが特徴です。

    HARG療法
    自分自身の髪の毛を生やす

    HARG療法とは、Hair Re-generative Therapy(毛髪再生療法)の略で、どんな器官にでもなれる万能細胞「幹細胞」から抽出された数種類の「成長因子(AAPE)」を直接頭皮に注入する手術なしに発毛させる再生医療技術のことです。この治療法、なんと発毛率は99%と言われています。副作用も現在のところ、報告はないですが、費用が異常に高いです。発毛はほぼ確実ですが、他の治療に比べて金額が大きいです。また、自毛植毛やカツラなどより、発毛の即効性が落ちます。治療が終わるまでには、6か月程度の時間がかかります。

    自毛植毛

    自毛植毛とは、自分の毛髪を薄くなった部分に移植する治療法です。自毛植毛は、自分の毛髪なので移植後の拒絶反応がなく、色や質感が変わらないので自然に見えるようです。また、自分の髪の毛なので、成長もするし生え変わりもすします。しかし、生え揃うのに時間がかかり、毛髪取ってきたところに傷跡が残ります。また、全頭的に薄毛が進行している場合、移植本数に限界があります。長期的に費用もかかります。

    人工毛植毛

    人工毛(合成繊維製)を頭皮に植え込んで、髪の毛の代わりにする植毛法です。かつらに比べて自然な感じがしますが、定期的な植え替えが必要なため、費用がかさみます。また、人によって拒絶反応がある場合もあり、炎症や頭皮異常の可能性もあります。最新の人工毛は、劣化しにくい合成繊維に銀をコーティングし、細菌感染を極力少なくする工夫されていて、人工毛が途中で切れてしまったり、化膿したりするトラブルは少なくなったようです。

    育毛剤や育毛シャンプーなど

    多くの方がAGAの進行を実感したときに手に取るのが育毛剤や育毛シャンプーなどでしょう。 市販のものだと価格も安い尾羽の治療より安いし、手に入れやすいため、気軽に挑戦することができます。効果を得られない場合も多いし、効果が現れるとしても時間がかかります。

    その他にもマッサージやかつらなどがありますが、一番重要なのは自分の症状に合う、また費用対効果でしょう。まずは、近くのクリニックや病院で自分の症状をしっかりチェック。

  • AGA治療までの流れ

    病院・クリニックで治療してもらうためには、まずはカウンセリングを受けるところからスタートします。こちらではAGA治療の流れをご紹介!

    無料カウンセリング

    無料カウンセリング(イメージ)

    一般的にクリニック・病院でのカウンセリングは基本無料です。有料の場合やカウンセリングの内容がきっちりしていない場合は、そのクリニック・病院でのAGA治療を受けるかどうか再検討したほうがいいかもしれません。 カウンセリングでは、専門のカウンセラーが髪に対する不安や現状をお伺いしながら、治療内容や注意事項、治療費などの説明をします。 ※カウンセリングの前には事前予約が必要です。

    初診

    初診(イメージ)

    初診では、専門の医師が、脱毛症・頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察し、頭部の写真撮影などを行います。初診から治療費が発生しますが、各クリニック・病院により費用の差があるので、比較してみてください。

    血液検査

    血液検査(イメージ)

    薬の投与が体に与える影響がないかなどを判断するため、血液検査やDNA検査などの各種検査を行います。

    治療開始

    治療開始(イメージ)

    検査結果を持って、一人ひとりの状態に合わせた薬を処方します。必要によっては頭皮ケアなどと並行して治療するところもあるようです。 治療開始からは1ヶ月ごと通院しながら診察をうけます。

Page Top