ホーム  >  AGAってなに?よく分かるAGA  >   AGA治療薬の種類

よく分かるAGA

AGA治療薬の種類

AGAの症状が1つではないようにAGAの治療も様々な方法があります。一般的には薄毛や抜け毛に気づくと治療っていうより育毛剤や育毛シャンプーなどを使うケアをよく行っているようですが、ケアだけでは限りがあります。一番確実に効果が現れるのは、専門医に診てもらい、適切な治療法を提示してもらうことです。

  • 薬の特徴と副作用

    プロペシア
    AGA治療の中で最も使用される治療薬が、「プロペシア」です。
    従来の塗り薬とは異なり、飲む治療薬として大変重宝されています。
    プロペシアは、AGAの一番の原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンをつくらせないことを目的とした治療薬です。 テストステロンという男性ホルモンと5α-リダクターゼという酵素が結びつくことでDHTが生成されてしまうのですが、この2つの結びつきを阻害するのがプロペシアの働きです。
    これにより、AGAを改善していくことができるのです。

    副作用

    男性機能の低下
    プロペシアの副作用として可能性があると言われているのが、男性機能の低下です。性欲減退、勃起機能減退、射精障害を引き起こす場合もあると言われています。しかし、いずれも発症率は数%で軽い症状だそうです。
    初期脱毛
    プロペシアを服用し始めて1ヶ月程度で脱毛量が増えることがある方もいるらしいですが、あくまでも一時的な副作用ですので長期的には問題ないようです。

    プロペシアは最もAGAに効果的がある薬だと言われておりますが、クリニックや病院できちんと処方してもらわないと手に入れることはできません。また、AGAに大変効果的なプロペシアですが、残念ながら発毛・育毛効果はありません。発毛したいという方は、病院で発毛ケアを併用するのをおすすめします。

    ミノキシジル
    最もAGAに効果的な薬のうちの1つがミノキシジルです。
    ミノキシジルは、塗り薬で、髪の発毛を促すAGA治療薬です。
    血行をよくする働きがあり、AGAの中でも頭頂部からハゲていくタイプの薄毛に効果的だと言われています。
    もともとは高血圧の治療薬だったのですが、その副作用として多毛症が生じたことで、発毛の効果が認められました。

    副作用

    血圧を下げる
    もともとは高血圧の治療薬でしので、血圧を下げる副作用がありえます。
    血圧が低い方や、他の高血圧の治療薬を飲んでいる方は注意が必要です。
    頭皮のかゆみ
    もっと多く起きている副作用です。使用上、かゆみが現れているならば、すぐに使用を中止し、医師に相談することをオススメします。

    プロペシアとミノキシジルはそれぞれの働きが違うため、この2つを組み合わせて原因を抑えつつ発毛効果を促していくという治療法もよく採用されています。

  • 使用者の体験談

    • 2年間育毛剤を使って効果がなかった頭髪が
      「ハゲは病院で治る」ということを知ってから半年間、病院で薄毛治療を受けています。 最も効果的な方法として紹介してもらった「プロペシア+ミノキシジル」治療を続け、月に1度通院していました。髪が増えたと感じたのは、4ヶ月目から。2年間育毛剤を使っても効果がなかったのに、この効果はすごいです。
    • 生え際にうぶ毛が生えてきました!
      最初はプロペシアだけ処方してもらっていましたが、生え際が気になっていたので1年前からミノキシジルも処方してもらうことにしました。プロペシアは3年使用していますが、確かにハゲの進行は止まりました。ミノキシジルもなかなかの効果で、生え際に産毛が再生してきました!

Page Top