ホーム  >  AGAってなに?よく分かるAGA  >  AGA治療薬6種類の特徴・副作用について徹底解説

よく分かるAGA

AGA治療薬の種類

AGAの症状が1つではないようにAGAの治療も様々な方法があります。一般的には薄毛や抜け毛に気づくと治療っていうより育毛剤や育毛シャンプーなどを使うケアをよく行っているようですが、ケアだけでは限りがあります。一番確実に効果が現れるのは、専門医に診てもらい、適切な治療法を提示してもらうことです。

AGA治療薬の主な成分は2つ

フィナステリド

フィナステリドは、5α-リダクターゼのⅡ型に働きかけて男性ホルモンと結合するのを防ぐ効果があり、昔から「プロペシア」というAGA治療薬で多くの人に使われています。

ただ、フィナステリドは5α-リダクターゼの片方にしか働かないため、効果が及ばないこともあります。Ⅱ型の5α-リダクターゼは生え際や頭頂部にあるため、ほかの部分の薄毛は改善されない場合もあるのです。

デュタステリド

デュタステリドは、最近になって「ザガーロ」というAGA治療薬として認められた新薬の成分で、5α-リダクターゼのⅠ型・Ⅱ型両方に作用するため、とても効果が高いと話題になっています。デュタステリドは毛髪全体に存在する5α-リダクターゼのⅠ型にも作用し、体内にとどまる期間も長いことから、フィナステリドで効果を感じられなかった人にもAGAの改善が期待できます。

これらの成分が使われたAGA治療薬についてみていきましょう。

プロペシアの特徴と副作用

プロペシアの特徴

AGA治療の中で最も使用される治療薬が、「プロペシア」です。従来の塗り薬とは異なり、飲む治療薬として大変重宝されています。
プロペシアは、AGAの一番の原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンをつくらせないことを目的とした治療薬です。 テストステロンという男性ホルモンと5α-リダクターゼという酵素が結びつくことでDHTが生成されてしまうのですが、この2つの結びつきを阻害するのがプロペシアの働きです

これにより、AGAを改善していくことができるのです。

副作用:男性機能の低下

プロペシアの副作用として可能性があると言われているのが、男性機能の低下です。性欲減退、勃起機能減退、射精障害を引き起こす場合もあると言われています。しかし、いずれも発症率は数%で軽い症状だそうです。

副作用:初期脱毛

プロペシアを服用し始めて1ヶ月程度で脱毛量が増えることがある方もいるらしいですが、あくまでも一時的な副作用ですので長期的には問題ないようです。

プロペシアは最もAGAに効果的がある薬だと言われておりますが、クリニックや病院できちんと処方してもらわないと手に入れることはできません。また、AGAに大変効果的なプロペシアですが、残念ながら発毛・育毛効果はありません。発毛したいという方は、病院で発毛ケアを併用するのをおすすめします。

ミノキシジルの特徴と副作用

最もAGAに効果的な薬のうちの1つがミノキシジルです。
ミノキシジルは、塗り薬で、髪の発毛を促すAGA治療薬です。
血行をよくする働きがあり、AGAの中でも頭頂部からハゲていくタイプの薄毛に効果的だと言われています。
もともとは高血圧の治療薬だったのですが、その副作用として多毛症が生じたことで、発毛の効果が認められました。

副作用1:血圧を下げる

もともとは高血圧の治療薬でしので、血圧を下げる副作用がありえます。
血圧が低い方や、他の高血圧の治療薬を飲んでいる方は注意が必要です。

副作用2:頭皮のかゆみ

もっと多く起きている副作用です。使用上、かゆみが現れているならば、すぐに使用を中止し、医師に相談することをオススメします。

プロペシアとミノキシジルはそれぞれの働きが違うため、この2つを組み合わせて原因を抑えつつ発毛効果を促していくという治療法もよく採用されています。

ザガーロの特徴と副作用

ザガーロの特徴

「ザガーロ」は、2015年9月に厚生労働省に承認を受けた新薬です。有効成分は、「デュタステリド」というもので、日本では2016年6月より販売されるようになった飲み薬です。

「デュタステリド」という成分は、もともと前立腺肥大の治療薬「アボルブ」として利用されていましたが、抜け毛を抑制して発毛を促進する効果が見られることから、AGA治療薬として用いられるようになりました。

AGAに対する効果としては、「プロペシア」と同じように、男性ホルモンと5α-リダクターゼという酵素が結合するのを阻害する働きがあります。

5α-リダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があり、Ⅱ型のみに働く「プロペシア」とは違い、「ザガーロ」はⅠ型とⅡ型両方に働きかけるため、さらに効果的であることが認められています。

副作用1:肝機能障害や男性機能の低下など

ザガーロはプロペシアと同じように、男性ホルモンに働きかけるため、勃起不全や性欲減退、乳房障害などの副作用が現れることがあります。ただ、いずれも頻度は数%程度です。また、強い作用であることから、重度の肝機能障害を持つ方の使用は止められています。

副作用2:自分だけでなく周りにも注意

ザガーロは、妊娠している方が触れると男性胎児の生殖器官へ影響を及ぼしてしまう恐れがあるため、特に妊婦さんや授乳中の方は触れないようにする必要があります。薬を飲まなくても、薬剤に触れるだけで経皮吸収されるので、できるだけ遠ざけておくほうが安心です。また、未成年の使用による有効性や安全性が確立されていないため、こどもの使用も禁止されています。

ザガーロはプロペシアと似たような働きがありますが、より作用する範囲が広いので、プロペシアで効果を感じられなかった方も試す価値はあると言えます。

アロビックスの特徴と副作用

「アロビックス」は、「塩化カルプロニウム」を主成分とする、塗るタイプの治療薬です。「塩化カルプロニウム」は、塗布すると血管が拡張して血行促進する効果があり、AGAだけでなく円形脱毛症やびまん性脱毛症、悪性脱毛症などさまざまな脱毛症に用いられており、女性でも使える薬です。
特に、AGAへの効果は化学的にも認められており、塩化カルプロニウム5%配合のものは医師の処方により保険適用されます。

また、塩化カルプロニウムの含有量が少ないものは市販されており、薬局などでも購入できます。

副作用1:頭皮のかゆみやかぶれ

アロビックスは血行促進させる効果があるため、血液が一気に流れ出すことによってかゆみを生じることがあります。しかし、副作用としてはほかの塗り薬よりも軽微なものであり、一時的なものだと考えられます。また、体質によってはアレルギー反応を起こし頭皮がかぶれることもありますので、異常を感じた場合は使用を中止しましょう。

副作用2:発汗作用

血行が良くなることで代謝が高まり、部分的に発汗することがあります。体に悪いことではありませんが、お風呂上りなどに使用すると発汗しやすくなるので、使用するタイミングなどに注意しましょう。

アロビックスはほかの塗り薬よりも効果が薄めですが、AGA以外の脱毛症にも使用でき、ほかの薬と併用することもできるので、サポート的な役割で取り入れるのがおすすめです。

フィンペシアの特徴と副作用

フィンペシアの特徴

「フィンペシア」は、インドの製薬会社が製造している飲むタイプのAGA治療薬で、「プロペシア」のジェネリック医薬品という位置づけがされています。しかし、日本では未承認の医薬品であるため、購入や使用には注意が必要です。「フィンペシア」の有効成分は、「プロペシア」と同じく男性ホルモンと5α-リダクターゼという酵素の結合を阻害する「フィナステリド」というものです。

「プロペシア」と同じ効果があるので、より安く購入できる「フィンペシア」は、継続して使い続けるのに便利です。購入する方法は個人輸入のみとなるため、製造元などをしっかり確認しましょう。

副作用:性欲減退や勃起不全など

フィンペシアはプロペシアと同じ成分で効果も同じなため、副作用も同様です。頻度は少ないのですが、男性ホルモンに働きかけるものなので、性欲減退や勃起不全など男性機能の低下が現れる可能性があります。

フィンペシアはインドのジェネリック医薬品であり、成分や効果、安全性などは確立しています。購入は個人輸入となり、処方されたものでないため副作用などは自己責任となります。世界では偽物も出回っているため、購入する際は信頼できるサイトかどうかなど注意する必要があります。

エフペシアの特徴と副作用

エフペシアの特徴

「エフペシア」は、「プロペシア」のジェネリック医薬品であり、「フィンペシア」と同じインドの製薬会社から販売されています。成分も同じく「フィナステリド」で、男性ホルモンと5α-リダクターゼの結合を阻害してAGAを改善する効果があります。

「エフペシア」と「フィンペシア」は、成分も効果も同じものですが、異なる点として「キノリンイエロー」という着色料が使用されているかどうかが挙げられます。「キノリンイエロー」は以前は「フィンペシア」に使用されていました。タール色素という種類のもので、「発がん性がある」という噂が出回ったことから、安全性を考慮して現在では使用されていません。「エフペシア」には「キノリンイエロー」が使用されていないため、「プロペシア」のジェネリック医薬品として流通していました。

しかしその後、「フィンペシア」が改良されて「キノリンイエロー」を使用しないようになったため、「エフペシア」は販売中止となり、「フィンペシア」が流通することになったのです。

副作用

エフペシアも、プロペシアやフィンペシアと同様、男性ホルモンの働きを抑制して、男性機能が低下する可能性があります。また、インドのジェネリック医薬品であるため購入は個人輸入となり、使用は自己責任となりますので、慎重に選ぶようにしましょう。

  • 使用者の体験談

    • 2年間育毛剤を使って効果がなかった頭髪が
      「ハゲは病院で治る」ということを知ってから半年間、病院で薄毛治療を受けています。 最も効果的な方法として紹介してもらった「プロペシア+ミノキシジル」治療を続け、月に1度通院していました。髪が増えたと感じたのは、4ヶ月目から。2年間育毛剤を使っても効果がなかったのに、この効果はすごいです。
    • 生え際にうぶ毛が生えてきました!
      最初はプロペシアだけ処方してもらっていましたが、生え際が気になっていたので1年前からミノキシジルも処方してもらうことにしました。プロペシアは3年使用していますが、確かにハゲの進行は止まりました。ミノキシジルもなかなかの効果で、生え際に産毛が再生してきました!
  • Page Top