ホーム  >  他のAGA対策は何がある?

様々なAGA対策について知っておきましょう

他のAGA対策は何がある?

AGAは発症してから薄毛や抜け毛が進行するパターンに特徴があります。
頭頂部から薄くなるケースや前頭部の生え際から後退していくケースなどこれらを混合したケースなど個人差により進行のパターンは変わります。 AGAの詳しい症状と自分はどの程度進行しているのか、そしてこれからどう進行していくかを知っておきましょう。

  • HARG療法

    HARG(ハーグ)療法とは、Hair Re-generative theraphyの頭文字をとったもので、日本語訳をすると、再生医療の技術を薄毛に応用した毛髪再生医療のこと。毛髪再生医療の第一人者である福岡大太朗医学博士によって開発され、2006年より国内で臨床が開始されました。 万能細胞「幹細胞」から抽出した、数種類の成長因子が含まれた「HARGカクテル」を薄毛の患部に注入。3~4週間に1度の頻度で治療を行っていきます。 HARG治療法の効果は99%といわれており、脱毛の抑制と育毛の効果を同時に期待できます。 99%の男性が効果を実感できたという大変優れた治療法ではあるのですが、優れた治療法だけあり、8~15万円程度の高めの治療費がかかります。薄毛治療のためにお金は惜しまない、という方にはおすすめできる治療法です。

    発毛剤

    市販のものでも、頭髪を生やすための「発毛剤」はあります。発毛剤の種類には、男性ホルモンの分泌を抑制するもの、頭皮の血行を促進するもの、毛母細胞を活性化させるもの、頭皮の環境を改善するものなどがあります。
    様々なタイプがあるため、ご自身のAGAの原因を探ることから始めなければ、最も効果的な発毛剤に巡り合うことはできないでしょう。
    手軽に手に入れられるものではありますが、確実な治療を望んでいるのであれば、病院で診察してもらい、最適な治療法を提示してもらうことをおすすめします。

    人工植毛

    合成繊維などでつくられた人工の毛を頭皮に植える方法を、人工植毛といいます。人工毛の発祥は日本で、現在最も技術が進んでいるのも日本です。人工植毛は、移植の毛量に限度がないため、イメージ通りのヘアスタイルに仕上げることができます。
    しかし、付け根の部分から切れてしまい毛が劣化しやすいことや、人工毛を植えた皮膚に雑菌が入りやすいのがデメリットです。また、人工毛は伸びることもありませんし、1年で抜け落ちてしまうことが多いようです。
    最近では質が見直されトラブルも減ってきましたが、アメリカでは過去にトラブルが多発したことから、州によっては人工植毛が禁じられているところもあります。

    自毛植毛

    自毛植毛とは、自分の髪を薄くなった部分に移植する植毛方法のことです。AGAの症状としては、前頭部と頭頂部がハゲやすく、後頭部や側頭部には髪がたっぷりと残っていることが多いです。その特徴を活かし、男性ホルモンの影響を受けていない部分の毛を増やしたい部分に移植するのです。
    植毛された自毛は、月1センチのペースで伸びていき、自然でボリュームのある毛髪へと成長します。一度移植してしまえば、その後は面倒なメンテナンスは一切不要で、定着率は90%といわれています。
    しかし、自毛ですからもちろん限界があります。薄毛が進行したときのことを考えて、計画的に植毛のデザインを決めることが大切。また、後頭部の頭皮には傷跡が残ってしまうのがデメリットです。

    かつら

    人工的につくられた毛髪や人毛を使った、取り外しができる「かつら」。AGA治療や、育毛剤、発毛剤などとは違いすぐに理想通りの髪型にできるのが大きなメリットでしょう。特に、円形脱毛症などに悩まされている方はよく利用するようです。
    一時的な利用としてはメリットたっぷりですが、長期的に使用していることにより悩みや苦悩が徐々にあらわれるよう。
    まず、かつらの毛は伸びません。ですから、髪が伸びた時のためのものや、白髪になったときのためのものなどを用意する方も多いよう。また、どんなつけ方をしても何らかの原因によって取れてしまう可能性がありますので、それもストレスになります。

  • AGAの方向けに、様々な治療法、ケア方法、対策などがありますが、一番大切なのは、これ以上の脱毛を抑え、ハゲてしまった部分の発毛を行うことです。
    植毛やかつらなどには即効性がありますが、メンテナンスや費用もかかるため最終的な手段としてはいいでしょう。しかし治療を受けることなくそのようなケア方法をしてしまうのは非常にもったいないです!若い方は特に治療を受ければすぐに改善することが多いので、諦めずに治療を始めてみることをおすすめします。
    まだ自毛に希望があるのなら、専門的な治療を始めてみるべきです。病院で薄毛の原因を探り、適切な治療をしてもらいましょう。

Page Top