ホーム  >  治療効果をUPさせるAGA対策  > 生活改善からできるAGA対策

治療効果をUPさせるAGA対策

生活改善からできるAGA対策

AGAに悩んでいる方は、一度生活習慣を見直してみるといいでしょう。髪だけでなく、身体にも悪い習慣を平気でしてしまっている人もいるため、全身の血行不良が薄毛を招いてしまっていることもあります。生活習慣を見直しただけでAGAが改善されたという例もありますので、生活が乱れているという方は是非生活習慣改善を目指しましょう。

  • バランスのいい食事

    AGA対策には、バランスのいい食生活は必要不可欠です。AGAに限らず、栄養バランスが悪い食事はあらゆる病気を引き起こす原因となってしまうので、日頃から食事には気をつけなければいけません。
    栄養バランスに気をつけるのはもちろん、昔からの育毛にいいとされてきた食品を取り入れるとより効果的でしょう。
    抜け毛防止や育毛にいいといわれている食品の一例です。

    たんぱく質

    髪の毛を構成する成分です。

    納豆・豆腐・卵・さんま・サバ

    ミネラル

    たんぱく質を合成し、実際の髪の毛にする働きがあります。

    いわし・ごま・ひじき・わかめ・昆布

    ビタミンC

    ストレスを緩和する働きがあります。

    キャベツ・ブロッコリー・トマト・ピーマン・パセリ

    ビタミンA

    血行促進・新陳代謝改善に。

    にんじん・かぼちゃ・ほうれんそう・レバー

    ビタミンB群

    新陳代謝を正常に保つ働きがあります。

    チーズ・ピーナッツ・ビール酵母・牛乳

    睡眠と薄毛の因果関係については以前からいろんな説がありますが、しっかり睡眠をとることは人間の身体には必要不可欠なものですし、睡眠と頭髪は大きな関係があるといっていいでしょう。 何よりも深い関係があるのは、睡眠と成長ホルモンです。睡眠時間や睡眠時間帯が髪の毛の成長と深い関係があるのです。 睡眠時間帯については、成長ホルモンが活発になるゴールデンタイムという時間帯があり、22時から午前2時の時間帯が最も睡眠が必要な時間帯で、短くても5時間以上睡眠時間を確保することが髪にも身体にもいいとされています。 薄毛が進行し始めたときのことを思い返し、もしも睡眠時間が足りていないときから進行が始まったのであれば、一度睡眠時間と睡眠時間帯を見直してみるのも手でしょう。

  • 睡眠をとる

    睡眠と薄毛の因果関係については以前からいろんな説がありますが、しっかり睡眠をとることは人間の身体には必要不可欠なものですし、睡眠と頭髪は大きな関係があるといっていいでしょう。
    何よりも深い関係があるのは、睡眠と成長ホルモンです。睡眠時間や睡眠時間帯が髪の毛の成長と深い関係があるのです。
    睡眠時間帯については、成長ホルモンが活発になるゴールデンタイムという時間帯があり、22時から午前2時の時間帯が最も睡眠が必要な時間帯で、短くても5時間以上睡眠時間を確保することが髪にも身体にもいいとされています。
    薄毛が進行し始めたときのことを思い返し、もしも睡眠時間が足りていないときから進行が始まったのであれば、一度睡眠時間と睡眠時間帯を見直してみるのも手でしょう。

    睡眠をとる(イメージ)

  • ストレスはためない

    AGAの進行と深く関わりがあるものとして、「ストレス」が挙げられます。
    ストレスが原因でAGAが起こる場合もあり、これはストレス性AGAと呼ばれています。
    ストレス性AGAも、通常のAGAと同じくジヒドロテストステロン(DHT)が原因で発症するものですが、大きな特徴は副腎でつくられるアンドロゲンがDHTに変換されるという点です。

    一般的なAGAは主に睾丸でつくられるテストステロンがDHTに変換されるため、それを阻害するプロペシアの成分が効果を発揮します。しかしストレス性AGAの場合は、プロペシアは有効ではないですため、現在ストレス性AGAに有効な内服薬は開発されていません。残念ながら、ストレスが原因である場合は、まずはそのストレスを緩和させることが先決であります。

  • 喫煙習慣

    喫煙習慣(イメージ)

    タバコのニコチンがストレスの要因となっていることをご存じでしょうか。また、喫煙は血行を悪くさせるため、髪に必要な栄養が行き届かず、それがAGAにつながっている場合もあります。
    栄養が行き届かないということは、次に生えてくる髪も細く元気のないもので、ますます薄毛が進行してしまいます。
    AGAに悩んでいる方の中でも現在喫煙をしている方は、禁煙をするだけでもAGAが改善されたという例もあります。
    最近では、医療機関で禁煙外来を設けているところもありますので、どうしても自らの医師で禁煙できないという方は、そういった施設を活用してみてもいいでしょう。

Page Top