ホーム  >  全て教えよう、AGA Q&A

AGAのよくある疑問について全てお答えしよう 全て教えよう、AGA Q&A

AGA治療には効果があるのか、どんな治療をするのか、費用相場は?など、AGA治療に関するよくある疑問を一目で分かるようにまとめました!

  • AGA治療の効果は?
    AGAの基本的な治療法は、プロペシアで薄毛の進行を食い止め、ミノキシジルを中心に毛母細胞を活性化させ、生活習慣へのアドバイスや頭皮ケアをして、発毛する環境を整えるという治療法です。プロペシアだけを服用している方もいますが、他の治療法を併用することでより高い効果が望めるため、各病院の治療法で発毛を目指している方が多いです。
    プロペシアは、5年間の調査によると1日1mg服用した男性の90%に効果が認められています。頭頂部と生え際どちらにも効果がありますが、特に頭頂部の薄毛の進行を食い止める効果が高いようです。
    ミノキシジルは、48週間、5%使用したことで51%に発毛の改善がみられました。ただし、頭頂部の発毛がほとんどで、生え際にはほぼ効果はありません。

    AGA治療を行う際には、ご自身の症状や原因を見極め、適切な薬を選択し、適切な治療を行うことが必要です。 東京や大阪は特に専門的な病院やクリニックが多くある土地なので、あなたの髪の状態をしっかりと判断し、最適な治療法を提示してくれるAGA治療院を探してみましょう。
    東京のAGAクリニック・病院の治療価格ランキングはこちら » 大阪のAGAクリニック・病院の治療価格ランキングはこちら »
    AGA治療とは、どんな治療をするのでしょうか?
    20代、30代あたりからの男性の薄毛はほぼ「AGA」の症状にあたりますが、原因は異なります。
    薄毛を進行させてしまう男性ホルモンDHTが原因の症状に、血行をよくするための薬を服用していてもさほど効果は見られません。そのため、AGAの治療はまずは問診や触診から原因を見極め、それに見合った薬が処方されます。基本的には月に1度の診察と薬の服用になりますが、AGAを専門に治療を行っている病院では、発毛のための頭皮ケアを行ってくれます。
    AGA治療の平均的費用は?
    日本国内では、AGA治療は保険適用外になるため、治療に伴う診察費や薬代は全て自己負担となります。
    AGAの治療薬として、必ずといっていいほど処方されるのが「プロペシア」です。プロペシアの価格は、1錠あたり250円であるところが多く、1ヶ月あたり7,500円程度となります。また、診察料や血液検査費、処方料などがかかります。他の薬剤や治療法を併用することもあるので、1ヶ月10,000円~15,000円が相場となります。
    注意すべきは、AGA治療が「自由診療」だということ。自由診療では診察料だけでなく、プロペシアでさえいくらで販売するか決められていないため、相場よりももっと高い金額を請求してくる医療機関もあります。事前にどのような費用が必要なのかを確認してから治療を受けるようにしましょう。
    AGA治療は、どれぐらい続けるものですか?
    薄毛や脱毛の程度による個人差がありますが、早ければプロペシアの服用後半年で頭髪に何らかの効果があらわれる方が多いようです。また、3年間続けた方のほとんどが、AGAの進行がおさまったというデータも出ています。
    若ハゲってなんですか?
    髪の毛が薄くなるのは、通常40代や50代からが多いのですが、最近はストレスや生活習慣の乱れから10代や20代のうちから薄毛の悩みを抱える男性が増えてきました。このような症状を「若年性脱毛症」といい、「若ハゲ」とも呼ばれています。50代からの薄毛であれば老化によるものなので自然現象といえますが、若ハゲは明らかに毛髪のサイクルに異常をきたしています。確実に若ハゲになった原因がありますから、そこを見極めてから治療をしていく必要があるでしょう。
    健康保険は利用できますか?
    AGA治療は、自由診療となります。そのため、保険適用はされません。診察料やプロペシアなどの薬代も全て自己負担となりますので、まずは治療の相場を知ってから病院選びをするようにしましょう。治療の相場は、薬代や診療費などを含め1ヶ月1 0,000円~15,000円程度です。
    発毛、育毛、増毛、植毛?
    この4つの意味を正しく言える人は少ないかもしれません。
    発毛とは、頭皮を改善して新しい髪の毛を増やすことをいい、生えなくなった毛穴から新しい毛を生やすことです。
    育毛とは、現在ある髪の毛を育てること。太く長く成長させて、抜けないよう毛根を丈夫にします。そのため、生えていない部分は育毛できません。
    増毛とは、1本の地毛に対して人工毛髪を結びつけたり、人工毛髪を自毛の中に紛れ込ませたりして髪が増えたようにみせかけることです。エクステンションに技術は似ていますが、エクステンションはファッション要素が強いので「増毛」とはいいません。 植毛とは、頭皮の毛穴に人工、または人毛を植え付けること。現在最も確実な薄毛解消法といわれています。
    AGA治療で注意点は?
    AGA治療に欠かせない薬といったら、プロペシアです。基本は、病院で処方しなければ手に入らないものですが、インターネット経由で個人輸入したものを手に入れることもできます。
    しかし、ジェネリックであるため、偽造品や粗悪品が出回っている場合もあります。身体に悪影響を与えてしまうこともありますから、必ず病院で処方してもらうようにしましょう。
    また、安全性が確認されていないため、女性は服用してはいけません。
    未成年の方にも、発育上の影響が出る可能性もあるので、お子さんの手の届かない場所に保管するようにしてください。
    薄毛AGAは遺伝性ですか?遺伝性の薄毛でもAGA治療は効果はありますか?
    一般的に、AGAは遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因だと考えられています。しかし稀に生活習慣やストレスが薄毛の主な原因になる場合もあります。
    遺伝が原因だとハッキリわかる場合は、プロペシアが最も有効です。原因不明の脱毛や薄毛などとは違い、プロペシアはAGA治療薬として開発されたものなので、遺伝による薄毛治療にはぴったりなのです。
    まずは病院にいき、原因を調べてもらい、適切な治療法を提示してもらうようにしましょう。
    AGA治療に年齢は関係ありますか?
    最近では。10代~30代あたりから薄毛が気になる方が増えてきましたが、若いうちからAGA治療をスタートすることをおススメします。 最初のうちは、シャンプーやドライヤーの仕方、食生活、睡眠など日々の生活を改善するだけでも効果があらわれることがあります。それでも進行が早い場合は、病院にいって原因や治療法を提示してもらいましょう。
    未成年には処方できませんが、20歳以上の方でしたら、最も有効だといわれているプロペシアを処方してもらえるはずです。

Page Top