【東京・大阪】AGAクリニック比較[HOME]  >  全て教えよう、AGA Q&A

AGA治療で本当に取り戻せるのか?
俺の大事な髪の毛たち…

朝起きたら枕の上に散らかっていた俺の髪の毛。そういえば陰で上司が「うっすらハゲ」と呼ばれ始めたのもちょうど35歳頃だった。俺も数か月後には薄毛男の仲間入りに…と、憂鬱を抱えている大人男子の皆様。諦めるにはまだ早いです。
近代の薄毛治療は驚くほど進化しています。「お金をかけても効果が無かったら…」などと心配することはありません。ここではAGA治療に対するみんなのギモンを解決します!

そもそもAGA治療とは?

AGA治療とは?イメージ

20代、30代あたりからの病気ではない男性の薄毛は「AGA」の症状にあたりますが、AGAの原因は人によって異なります。この原因を見極めて適切な治療を施すこと、それがAGA治療です。

薄毛を進行させてしまう男性ホルモンDHTが原因の症状に、血行をよくするための薬を服用していてもさほど効果は見られません。そのため、AGAの治療ではまずは問診や触診から原因を見極め、それに見合った薬が処方されます。

基本的には月に1度の診察と薬の服用になりますが、AGAを専門に治療を行っている病院では、発毛のための頭皮ケアを行ってくれます。下記に定番の治療方法を紹介します。

抜け毛の原因はすべてAGA?髪が薄くなる原因

抜け毛の原因には様々なものがあります。男性ホルモンが原因のAGAを始め、脂漏性脱毛症、ひこう性脱毛症、円形脱毛症、内分泌系疾患などです。

これら多くの抜け毛の原因のうち、もっとも多いのがAGA。前頭部や頭頂部などから徐々に抜け毛が進行していく症状です。男性の薄毛の原因の、実に9割はAGAが原因と言われています。

日本の成人男性の4人に1人が薄毛に悩んでいるとされる昨今、AGAは決して珍しい症状ではありません。AGAは進行性なので、改善したい意志がある人は、少しでも早く治療に着手することが大切です。

>>薄毛や抜け毛の原因をもっと詳しく見る

AGA治療は本当に効果があるのか

AGA治療は本当に効果があるのかイメージ

AGAの基本的な治療法は、プロペシアで薄毛の進行を食い止め、ミノキシジルを中心に毛母細胞を活性化させ、生活習慣へのアドバイスや頭皮ケアをして、発毛する環境を整えるという治療法です。

プロペシアだけを服用している方もいますが、他の治療法を併用することでより高い効果が望めるため、各病院の治療法で発毛を目指している方が多いです。

プロペシアは、5年間の調査によると1日1mg服用した男性の90%に効果が認められています。頭頂部と生え際どちらにも効果がありますが、特に頭頂部の薄毛の進行を食い止める効果が高いようです。

ミノキシジルは、48週間、5%使用したことで51%に発毛の改善がみられました。ただし、頭頂部の発毛がほとんどで、生え際にはほぼ効果はありません。

AGA治療を行う際には、ご自身の症状や原因を見極め、適切な薬を選択し、適切な治療を行うことが必要です。東京や大阪は特に専門的な病院やクリニックが多くある土地なので、あなたの髪の状態をしっかりと判断し、最適な治療法を提示してくれるAGA治療院を探してみましょう。

当サイトでは東京都大阪のAGAクリニック100院以上を掲載しています。また100院比較して分かった本当におすすめのクリニックランキング東京編 / 大阪編も公開しているのでぜひチェックしてください。

AGA治療の種類とその効果

AGA治療は効果的、なら治療をはじめよう!と思い立っても、次に立ちはだかるのは治療法と言う壁。ここでは簡単に、メジャーなAGAの治療方法を紹介します。もっと詳しく知りたい方はAGA治療の種類~AGA治療を効果と費用で比較してみた~をチェックしてください。

単剤処方(プロペシア)

もっとも広く行われている一般的なAGA治療法
1日1回「プロペシア」という内服薬を服用するだけの治療法。現在、全国の多くのクリニックで採用されている、もっとも一般的なAGA治療法です。有効成分のフィナステリドが薄毛の原因となる男性ホルモンに働きかけ、ヘアサイクルを正常化。抜け毛が減り、症状が徐々に改善していきます。国内臨床試験における増毛実感率は、服用1年で全体の58%、2年で68%、3年で78%となっています。

オリジナル(オーダーメイド)処方

クリニックが独自配合した処方薬で治療
AGA改善に有効と厚労省が認めた「フィナステリド」と「ミノキシジル」をベースに、クリニックがオリジナルで他の有効成分(ビタミン・ミネラルなど)も配合して処方する治療法。患者の薄毛の症状や原因、体質、肌質等に合わせ、オーダーメイドで薬を処方しているクリニックもあります。プロペシアの単剤処方に比べ、治療費は若干高くなるものの、一般に発毛実感率は大幅に上がります。

HARG療法

発毛実感率99%を誇る毛髪再生医療
幹細胞から抽出した成長因子等を含むHARGカクテルを、頭皮に直接注入する治療法。注入方法は注射、レーザー、専用装置など様々。月1回程度の施術を、半年から1年ほど受けて治療が終了します。発毛効果が非常に高いことが特徴で、臨床結果では99%の患者が発毛を実感したとのデータもあります。男性の薄毛のみならず、女性の薄毛にも効果的な治療法。効果が高い分、費用は高額となります。

メソセラピー

発毛に有効な成分を頭皮に直接注入
フィナステリド、ミノキシジル、ビタミンなど、発毛に有効とされる成分を配合した薬剤を、頭皮に直接注入する治療法。注入方法は、注射、レーザー、専用機器など様々。発毛実感率はクリニックによって異なりますが、中には99%の患者に効果が見られたとするところもあります。施術の頻度は1ヶ月に1回程度、通院期間は半年から1年ほど。同じ注入治療のHARG療法に比べ、一般に治療費は安くなります。

自毛植毛

費用は高額ながら発毛実感率はほぼ100%
患者自身の後頭部や側頭部から毛髪を生きている状態で採取し、薄毛が進行した部分に移植する外科手術。移植した毛髪のうち生着したものは、その後、自然な髪と同様に伸び続けます。自分の毛を移植するため、拒絶反応はありません。発毛実感率がほぼ100%と非常に優秀な治療法なのですが、治療費は極めて高額。また後頭部や側頭部に残存する自毛の量によっては、移植の本数に限界があります。

AGA治療の流れは?~カウンセリングから治療開始まで~

薄毛治療院が気になってきた方も多いのではいないでしょうか。しかし、実際に行ってみたらどんな感じなのか…イメージがわかないと不安ですよね。こちらではAGA治療の流れをご紹介!詳しくは病院やクリニックによって違いますが、専門院は大体はこのような感じですので、ぜひ参考にしてくださいね。

無料カウンセリング

無料カウンセリング(イメージ)

一般的にクリニック・病院でのカウンセリングは基本無料です。有料の場合やカウンセリングの内容がきっちりしていない場合は、そのクリニック・病院でのAGA治療を受けるかどうか再検討したほうがいいかもしれません。 カウンセリングでは、専門のカウンセラーが髪に対する不安や現状をお伺いしながら、治療内容や注意事項、治療費などの説明をします。 ※カウンセリングは事前予約が必要なケースが多いです。

初診

初診(イメージ)

初診では、専門の医師が、脱毛症・頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察し、頭部の写真撮影などを行います。初診から治療費が発生しますが、各クリニック・病院により費用の差があるので、比較してみてください。

血液検査

血液検査(イメージ)

薬の投与が体に与える影響がないかなどを判断するため、血液検査やDNA検査などの各種検査を行います。

治療開始

治療開始(イメージ)

検査結果を持って、一人ひとりの状態に合わせた薬を処方します。必要によっては頭皮ケアなどと並行して治療するところもあるようです。 治療開始からは1ヶ月ごと通院しながら診察をうけます。

AGA治療のギモン10連発!

AGAによる薄毛や抜け毛、そしてAGA治療の効果を紹介しましたが、それでもまだまだ疑問は尽きませんよね。そこで、みんなが気になるAGAのギモンをまとめて解説してみました。AGA治療が初めての方もぜひチェックしてみてください。

AGA治療で髪が増えなかった!効果が出ない人の特徴とは
AGA治療を行なったのに効果が出なかった、という声も見られます。 治療によって効果が見られない原因の第一の理由は、治療期間の短さにあります。すぐにでも効果が出て欲しいという気持ちは分かりますが、治療開始から1~2ヶ月で明らかな効果を実感する人はまれです。半年~1年の治療の結果を見るようにすべきでしょう。第二の理由は、医師の指示にきちんと従っていないことです。AGA治療には、生活習慣の見直しなど、患者自身の歩調を合わせた努力が必要です。他力本願ではなく、医師とともにAGAと戦っていく姿勢が大切です。
 
AGA治療の平均的費用は?
日本国内では、AGA治療は保険適用外になるため、治療に伴う診察費や薬代は全て自己負担となります。
AGAの治療薬として、必ずといっていいほど処方されるのが「プロペシア」です。プロペシアの価格は、1錠あたり250円であるところが多く、1ヶ月あたり7,500円程度となります。また、診察料や血液検査費、処方料などがかかります。他の薬剤や治療法を併用することもあるので、1ヶ月10,000円~15,000円が相場となります。
注意すべきは、AGA治療が「自由診療」だということ。自由診療では診察料だけでなく、プロペシアでさえいくらで販売するか決められていないため、相場よりももっと高い金額を請求してくる医療機関もあります。事前にどのような費用が必要なのかを確認してから治療を受けるようにしましょう。
AGA治療は、どれぐらい続けるものですか?
薄毛や脱毛の程度による個人差がありますが、早ければプロペシアの服用後半年で頭髪に何らかの効果があらわれる方が多いようです。また、3年間続けた方のほとんどが、AGAの進行がおさまったというデータも出ています。
市販の育毛・発毛剤の効果は?
市販の育毛剤で育毛・発毛効果を実感したという人もいる一方で、まったく効果を実感できなかったという人もいます。 市販の育毛剤にも、確かに育毛・発毛に効果的な成分が含まれてはいます。ただ、商品ほとんどが医薬部外品のため、成分濃度が少々弱めなことも事実。もちろん、体質に合っていれば発毛・育毛効果を得られる可能性もあるので、試してみる価値はあるでしょう。 ただし、市販の育毛剤は、どんな人にでも確実な育毛・発毛効果をもたらすものではありません。確実に、そしてなるべく早く効果を実感したい人は、専門のクリニックでAGA治療を受けるほうが良いでしょう。
若ハゲってなんですか?
髪の毛が薄くなるのは、通常40代や50代からが多いのですが、最近はストレスや生活習慣の乱れから10代や20代のうちから薄毛の悩みを抱える男性が増えてきました。このような症状を「若年性脱毛症」といい、「若ハゲ」とも呼ばれています。50代からの薄毛であれば老化によるものなので自然現象といえますが、若ハゲは明らかに毛髪のサイクルに異常をきたしています。確実に若ハゲになった原因がありますから、そこを見極めてから治療をしていく必要があるでしょう。
健康保険は利用できますか?
AGA治療は、自由診療となります。そのため、保険適用はされません。診察料やプロペシアなどの薬代も全て自己負担となりますので、まずは治療の相場を知ってから病院選びをするようにしましょう。治療の相場は、薬代や診療費などを含め1ヶ月1 0,000円~15,000円程度です。
発毛、育毛、増毛、植毛?
この4つの意味を正しく言える人は少ないかもしれません。
発毛とは、頭皮を改善して新しい髪の毛を増やすことをいい、生えなくなった毛穴から新しい毛を生やすことです。
育毛とは、現在ある髪の毛を育てること。太く長く成長させて、抜けないよう毛根を丈夫にします。そのため、生えていない部分は育毛できません。
増毛とは、1本の地毛に対して人工毛髪を結びつけたり、人工毛髪を自毛の中に紛れ込ませたりして髪が増えたようにみせかけることです。エクステンションに技術は似ていますが、エクステンションはファッション要素が強いので「増毛」とはいいません。 植毛とは、頭皮の毛穴に人工、または人毛を植え付けること。現在最も確実な薄毛解消法といわれています。
AGA治療で注意点は?
AGA治療に欠かせない薬といったら、プロペシアです。基本は、病院で処方しなければ手に入らないものですが、インターネット経由で個人輸入したものを手に入れることもできます。
しかし、ジェネリックであるため、偽造品や粗悪品が出回っている場合もあります。身体に悪影響を与えてしまうこともありますから、必ず病院で処方してもらうようにしましょう。
また、安全性が確認されていないため、女性は服用してはいけません。
未成年の方にも、発育上の影響が出る可能性もあるので、お子さんの手の届かない場所に保管するようにしてください。
薄毛AGAは遺伝性ですか?遺伝性の薄毛でもAGA治療は効果はありますか?
一般的に、AGAは遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因だと考えられています。しかし稀に生活習慣やストレスが薄毛の主な原因になる場合もあります。
遺伝が原因だとハッキリわかる場合は、プロペシアが最も有効です。原因不明の脱毛や薄毛などとは違い、プロペシアはAGA治療薬として開発されたものなので、遺伝による薄毛治療にはぴったりなのです。
まずは病院にいき、原因を調べてもらい、適切な治療法を提示してもらうようにしましょう。
AGA治療に年齢は関係ありますか?
最近では。10代~30代あたりから薄毛が気になる方が増えてきましたが、若いうちからAGA治療をスタートすることをおススメします。 最初のうちは、シャンプーやドライヤーの仕方、食生活、睡眠など日々の生活を改善するだけでも効果があらわれることがあります。それでも進行が早い場合は、病院にいって原因や治療法を提示してもらいましょう。
未成年には処方できませんが、20歳以上の方でしたら、最も有効だといわれているプロペシアを処方してもらえるはずです。

さぁはじめよう!AGA治療

ほんの数年前までは、薄毛治療と言えばプロペシアの単剤処方や人工毛の植毛が主流でした。しかしながら現在では、オリジナル処方を始め、HARG療法やメソセラピー、自毛植毛など効果の高い様々な治療法が普及しています。

AGAは進行性の症状。放置すれば間違いなく薄毛は進んでしまいます。すべての治療法に共通するのが、早期治療のほうが効果は高いということ。手遅れになる前に、勇気を出してAGA治療を始めてみましょう!

Page Top